女性

ノートパソコン激安情報をいち早くGET|最高の一台を手に入れる

大容量のデータ

オフィス

CDデュプリケーターの種類と価格について

CDデュプリケーターは、複数のCD-Rなどのメディアにデータの書き込みなどが行われる機械のことです。現在では純粋なCDデュプリケーターは存在せず、主にDVDマルチドライブを利用したものがCDデュプリケーターとして使われています。CDデュプリケーターの特徴としては、パソコンなどの機械を必要とせず、CD-Rなどのメディアにコピーすることができるという点があげられます。CDデュプリケーターといってもコピー枚数が1対のものもあれば、一度に10枚もコピーできるものなどがあります。価格に関してはCDデュプリケーターによって異なりますが、1枚のものであれば1万円を切る値段のものもあり、10枚のものでは10万円を超えるものまでさまざまです。

デュプリケーターの登場について

CDデュプリケーターが登場した背景には安価な大容量記憶メディアであるCD-Rの価格の低下が大きく影響しています。それまでCDといえば原盤を作成しプレスして作る必要があり、とても費用がかさむため、少数の生産には不向きでした。またCD-Rも登場した当時は品質と価格に問題がありすぐにCDにとってかわるものではありませんでしたが、時間が経つにつれて品質の向上と価格が低下することにより信頼性が増し、読み込み専用の記録メディアとして一般に普及するようになり、多くの場面で使われるようになります。しかし、CD-Rに情報を書き込むにはパソコンが必要で、1枚ずつしか書き込めなかったため、効率が悪く、それらを補うために専用のコピー装置としてCDデュプリケーターが登場しました。