女性

ノートパソコン激安情報をいち早くGET|最高の一台を手に入れる

ソフトウェア

IT

暗号化ソフトを使用する

USBメモリは手軽に持ち運べる上に、容量もどんどん増えています。またドライブが不要で操作も簡単なことから、パーソナルユースにもビジネスユースにも頻繁に使われるメディアです。しかし手軽に使えることは、セキュリティ上の危険も大きくなることを意味します。実際、USBメモリを紛失したために個人情報が流出したり、USBメモリを介してウイルスに感染したりするケースが後を絶ちません。USBメモリのセキュリティ対策のひとつとして、中身を暗号化するソフトウェアがあります。暗号化されたデータはパスワードを入力しないと元に戻せないため、万が一USBメモリを盗まれたり紛失したりしても、他人には内容を覗き見ることができません。

セキュリティ対策済みの商品も

最近ではUSBメモリそのものにセキュリティ対策が施された商品も販売されています。これは登録したパソコン以外で使おうとすると、パスワードが必要になる仕組みになっています。パスワードを忘れたり間違えたりするとロックがかかってしまいますが、そのような状態を改善する方法も用意されています。一方、USBメモリからのウイルス感染を防ぐには、自動実行ファイルautorun.infを無効化するのがひとつの方法です。法人向けの管理ソフトウェアには、このような機能を備えたものも存在します。セキュリティ対策にはさまざまな手段がありますが、最終的には利用者の意識が最も大切です。職場のUSBメモリをむやみに持ち出さない、怪しいUSBメモリを差し込まない、などは基本中の基本です。